年齢肌対策に必要なこと

年齢肌対策に必要なことってどんなこと?

年齢肌の悩みを解決したい

20代の頃は肌トラブルなんかあんまりなくて、色が白くて本当にキレイ!なんて言われていたのに、30代〜40代になってくると不思議と今までになかった肌トラブルが増えてくるものです。

 

私が一番ショックだったのが、今までずっと使っていた化粧水や美容液が30代中頃から合わなくなってきたことですね。

 

それまでは肌がしっとりとするから使っていたのに、一向に潤いを感じなくなりました。

 

それどころか、少しだけ刺激を感じるようになってしまいました。

 

どうやら加齢に伴って肌のバリア機能が低下してくるために、どんどん刺激に弱くなったり、肌の水分を保持できなくなってきて、乾燥肌や敏感肌になってしまうそうです。

 

私の場合もどうやらバリア機能の低下によるものと思われます。

 

人間の肌はバリア機能が低下していくと、防衛反応として角質を厚くしようとする働きがあるそうです。

 

そのために、古い角質をいつまでも剥がさずに残しておきつつ、急ピッチで新たな皮膚を作るものだから、皮膚自体が古いものと急ピッチで作った未熟なものになってしまうんですね。

 

そうすると、一向にバリア機能が低下しないのに、角質だけは増えていって、結果的に毛穴がつまりやすくなったり、乾燥した皮膚が熱くなるために小じわが増えたりしてしまうそうです。

 

このような年齢肌の悩みをしっかりと解決するために必要なケア方法を紹介していこうと思います。

10代や20代前半の頃は乾燥肌に悩まされていましたが、お肌の曲がり角と言われる25歳を過ぎた頃から顔のくすみが気になるようになりました。

 

自分ではそんなに自覚はなく、ファンデーションの色もいつもと同じものを使っていましたし、朝起きたときにちょっと顔色が悪いかなと思うこともありましたが、授乳中だったので夜の寝不足が原因かな?と思っていました。

 

本格的に悩むようになったきっかけは、たまに会っていた母に顔色の悪さを指摘されたことです。

 

なんだか顔全体がパッとせず、ぼんやりしていると言われ、くすんでるんじゃないかと指摘されました。

 

自分でもメイク前の顔色の悪さが気になっていましたので、これは年齢によるくすみで暗くなっているんだと気付きました。

子供が小さい時はお肌のお手入れに時間もお金もかけられません。

 

私の場合は、もともとの乾燥&敏感肌だったのですが、加齢のためか徐々に症状が悪化してきたことを実感していました。

 

そこで私が時々していたのが、ラップパックです。

 

やり方はいたって簡単でで、手持ちの化粧水を、顔型に広がるコットンにひたひたに浸して、顔に貼ります。

 

その上から、サランラップを貼るだけです。もちろん、息ができるように、口や鼻のところに穴をあけるのを忘れてはいけません。

 

化粧水もサランラップもいつも使っているものだし、顔型に広がるコットンが無ければ、普通のコットンを何枚か貼るだけでもいいので、特にお金がかからないのも助かりますよね。

 

普段から家にあるもので済ませられるのもお手軽でよかったです。

30歳を過ぎたくらいから、笑ったときに口角がしわになるようになり、頬のあたりもこけてきました。

 

最初はちょっと痩せたのかな?と思っていたのですが、体重には変化が無いのに顔全体が急にほっそりとしてきました。

 

頬の辺りがこけて、会う人会う人に痩せた?と聞かれるようになったのですが、顔以外には変化が全くなかったので、老化現象なのかなと思い始めました。

 

数年前の写真などを見ても、顔全体がもっと上に引き寄せられたようなハリがあったのに、今は気を抜いた状態で写真を取られると本当に暗いイメージになってしまいます。

 

皮膚がたるんだことによって顔の肉が重力に負けてしまった感じです。

40代半ばから、加齢による赤いホクロ、クビ回りにできたたくさんのホクロが気になっていました。

 

もともとホクロは多い方で、子供の頃からそれがコンプレックスでした。

 

中にはある程度大きくなるとポロっと取れて、また育ち始めるという不気味なホクロも足・お尻・腕にできていました。

 

皮膚癌ではないかと疑ってしまいたくなるようなホクロで、気持ち悪くて仕方ありませんでした。

 

眉の下や耳の裏にあるホクロも加齢とともに育ってきて、当時はまだ目立つものではなかったのですが、特に眉はお化粧したり、眉を整えたりするときにとても邪魔でした。

加齢とともにお肌の乾燥を感じ始める方はとても多いと思います。

 

私も30代くらいまでは潤いを分けてあげたいくらいで、あぶらとり紙を常に離さず持っていました。

 

もちろん10代の頃はニキビだらけになってしまったこともあって、まさか自分が乾燥肌になるなんて思いもしませんでした。

 

振り返ってみると40代くらいから徐々に乾燥し始めていたんだと思います。

 

それまではオイリー肌が嫌なので、あまりしっとりとする化粧水を使うことができず、皮脂を抑えるタイプのものや、サッパリタイプ化粧水を好んで使用していました。

 

しかし、40代に入ると上記のような肌の皮脂を抑えるようなコスメを使っていると、入浴後に少し顔がつっぱるようになってきたのです。

ある程度年を重ねるとどうしてもできてしまうのがシミですが、しょうがないとは思っていてもできるだけ目立たないようにしたいと思うのが普通ですよね。

 

私も40代から突然シミの増えるスピードが加速して、更にそのシミは色濃く存在感を増すばかりです。

 

不思議なのが、加齢によってできるシミって基本的には紫外線によって受けたダメージが蓄積して、ある程度の年齢になると表面化してできてしまうものだと聞いていたのですが、私はこれまで真っ黒になるような日焼けをしたことがありませんでした。

 

若い頃は、アウトドアと言われるような趣味も無く、どちらかというとインドア派だったし、学生時代も運動はしていたけど体育館がメインだったので、特にびっくりするような程日焼けはしていないと思っていました。

30代中盤くらいから、それまではまったく感じることのなかった肌の乾燥を感じ始めました。

 

今までの自分の肌の状態としては、おでこと鼻あたりに皮脂の分泌が多くみられ、それ以外の部位は特に過剰な皮脂分泌を感じることはありませんでした。

 

ただ、いわゆるTゾーンと言われる部分には結構な皮脂がでていたので、どちらかというと、乾燥肌ではなくしっとりとした肌なのだという認識でした。

 

化粧をするまでのプロセスは、化粧水→乳液→化粧下地→クリームファンデーションの順番で行っていました。

 

夜は化粧水にクリームといったシンプルなケアしかしておらず、肌にもそれほどの問題を抱えている認識もなかったので、あまりコスメにはお金をかけていなかったです。

 

しかし、ある日突然口の周りが粉をふいているのを発見して、そこでようやく年齢を実感しました。

 

同時に、今までやっていたケアの見直しをしなければならないなと思いました。

一般的に年齢による肌の変化を感じ始めるのは出産の後、そして40代に差し掛かる頃が多いのではないかと思います。

 

私も産後に若々しさというか、以前のようなハリが失われたような気はしていたのですが、まあ太ってしまったことも要因なのかと思って、純粋な肌の老化というよりも、体型の変化の影響を感じていました。

 

しかし、実際に40歳を過ぎてみると、もっと顕著に年齢による変化を感じてるようになりました。

 

まず、目に見える部分で言えば、腕の外側と顔の頬のあたりにシミが沢山できてきました。

 

自分的には急にできたように思ってしまうのですが、おそらく今までに紫外線などを浴びた影響が徐々に表面化してきたのだと思います。

 

また、シミが目立ち始めた頃と同時期に、肌の乾燥がひどくなってきた様な気がしていました。

 

シミに乾燥って完全に年齢肌だ!と感じたのを覚えています。きっと加齢によって肌のバリア機能や代謝が低下していることが原因ではないかと思います。

 

肌にこれだけの変化が現れるのですから内蔵にもきっかけになる様なことが起きていると思っています。

 

疲れが取れにくい、目の下のくまが濃い、風邪が治りにくいなど全部加齢の影響だと思い始めました。

20代前半の独身の頃は、特別何もしなくてもツヤツヤしてハリのある肌を保てていました。

 

だから、それほど高額なコスメなんかを使わなくても全く問題ありませんでした。

 

むしろ、化粧品やコスメ何かにそれほど興味もなかったし、どれもそんなに変わらないような印象でした。

 

ところが、20代半ばで結婚・出産を経験し、毎日、怒涛のように家事・育児に追われる生活になり、自分のことは後回し、鏡をゆっくり見ることすらままならない生活を5年ほど続けていたところ、肌の状態は一変しました。

 

育児の大変な時期も一段落した、30歳になったばかりの頃のことです。

 

ある日、鏡を覗いたとき、肌のハリが失われていて、疲れた顔の自分が映っているのに気づきました。

 

正直、一気に老けてしまったような気がしてかなりショックを受けてしまいました。

 

ショックを受けたのと同時に「どうしたら失った肌のハリを取り戻せるのだろう」と、自分なりに方法を探し、少しでも状態を改善させたいと強く思いました。


ホーム RSS購読 サイトマップ